投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

脳転移の告知

転移性脳腫瘍の告知 3 月下旬。いつも通り抗がん剤投与のために病院へ。嫌な予感しかしない。 抗がん剤効いてなくて悪化しているのが自分でもわかる。診察室へ入ると渋い顔でテンションやや低めの先生。 先生「前回使ったアリムタが効いてなさそうなんだよね … 今写真でも白いところ増えてるし、腫瘍マーカーもかなり上がってきてる … 」 私「(やっぱりか … )次の治療は … ?」 先生「それでですね、 CT で確認したら脳の転移が悪くなってきていて、そっち先に治療しましょう」 私「え!?脳?!」 こ れはまさに想定内で予想外の脳転移告知。 いつかはあり得ると、覚悟してたけれど心の準備が一切できてなかった。 でも待てよ?「悪くなってきていて」とは、 前からあったってこと?よくわからなくて混乱する私。 私「前からあったんですか?」 先生「うんー。 12 月の CT で出て来始 めてたけどその時は小さかったんだけどねー … 」 私「 …… 。」 トモエの患者力がレベルアップ! テッテレー!!😂 ※ これから癌治療を受ける人、他に病気ある人にも経験を通したアドバイス 病院の診察では、「検査結果はどうでしかたか?」とちゃんと聞くこと! あと癌という病気の特性上、 「転移は他にしてないですか?」 とちゃんと聞くこと! お医者さんは世の中に足りないと言われてるらしく、数多くの患者さんを診察してるから、普通に忘れてしまうそうです。あと、今は言う必要はないと、聞かれない限り答えない人もいると思います! 余命とかもお医者さんはわからないから自分からは言いたがらないもんです。 というわけで、気づけば脳みそ中にブツブツ(腫瘍)がいっぱいある「転移性脳腫瘍」という、ステージ 4 でも最終段階に自分がいることにこの時気づいたのでした。 そして、癌を告知された時に 1 番最初に感じた感情と同じ気持ちが浮かんだ。 「治療に集中しなきゃ … 命が危ない」 来週から早速、放射線科の予約をとり、治療を開始することになりました。 家に帰って、これからのことがすごく不安になった。 「あぁ、ついにここまで来てしまったのか … 」と久しぶりにショックだった。

産んでくれてありがとう、出会ってくれてありがとう。

イメージ
わたし今、生きてるよー 7/4は、癌告知を受けた日でした。 そして、8/14に抗がん剤治療を受け始めました。 今日7/14は私がこの世に生を授かった日です。 お父さん、お母さん産んでくれて本当にありがとう! 娘は無事34歳を迎えました!! 2歳の私。すごく好きな写真です。 34年の人生の中、本当にいろんな人と出会ってきました。良い人、悪い人、好きな人、嫌いな人。すでに記憶にない人もいますが、「出会い」って自分に気づきを与えてくれる機会で意味があると思っています。だから、どんな人でも感謝しています! 出会ってくれて、ありがとう!! そんなこんな「あー、これが人生なんだな」と今生きていることを噛み締めています。 癌(がん)患者1年生から2年生へ。 そして、なんとか約1年。癌ステージ4という病気を患いながらも生存できました!! 皆さまに支えられて1年。 本当にありがとうございました!! 去年のバースデーパーティーの写真♪ (載せきれないw手元にある分だけ) ONE UNITY,ONE LOVE💋💖💖💖 さて。昨年2018年の年末にブログを更新してから令和を迎え、もう季節は夏。 すっかり令和も明け、2019年も残り半分!毎年7月頃から焦ってる気がしますw SNSでは更新をしていたんですが、2019年半年間、「生きとったんかいな!?(関西人ギャグw)」と、思ってる人もいるかもしれないからそのことについて書くね〜。 あれ、良くなったんじゃないの?病気の経過。 2018年12月。寒い日が続く中、年末年始は関西に帰りました。 関西の両親、友達に会えて良かった!嬉しかった! でも…この頃から体調が悪くなり始めてました。 自分でも気づいてたけど知らないふりをして「大丈夫!良くなる!」と思いながらも、止まらない激しい咳と老人のような息切れと毎日格闘してました。体重もこの頃から急に減り始めました。 【2019年1月〜6月現在の治療状況のまとめ】 ★2019年1月〜2月 ・化学療法でオプジーボ投与。計3回。効果なし。 ⇒悪化。 2回めの投与の時に先生がストップかけたのに「打ってくれ!!」と頼んでしまったわたし。