投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

マジメにその後の経過報告(※CT画像あります)

イメージ
こんにちはーーーー!!!
お久しぶりの投稿になってしまいました。
前の投稿は9月。まだ暑かったのに、今はすっかり肌寒くなっていよいよ苦手な冬がやってきます。

SNSではちょこちょこと更新していたので、気にかけてくださっていた方も状況は知ってもらえているかな?と思うのですが、11月に入りいろいろと考えたり、あることがきっかけでBLOGも改めてもっともっと書いていこうと思いました。
ぜひ楽しみにしていてください!!!!!

そんな今回は、まず私なりのマジメに経過を報告したいと思います。
(治療の日々はまた細かく順番に回想して更新していきます)
抗がん剤ノルマ達成の巻。 「マジメに」と言いましたがいきなりノルマ達成って!wと突っ込んでくれてありがとうございます。

まず、私の病状「肺癌」のステージ4、多発転移の場合は一番最初から抗がん剤による延命治療となります。(延命?!と思った人はこのBLOGを読んでいただくか、また今度ガンという病気について詳しく書きますので驚くなかれ勉強していただければと思います)

初期治療=一番最初の治療=体力が一番ある、という状態なので、少々負荷のかかる治療を行います。なので、抗がん剤も点滴を1つ打つだけでなく2つ、3つ、など併用するケースが多いです。なんの薬をどういう風に投与するかは、患者さんの状態と先生の判断になります。

私の場合は、生活や体調などがほぼ健常者と変わらないので治験をすすめられました。
その治験はなんと!!!!!

日本で1番使う薬の多い=キツイ、4つの抗がん剤を3週間ごとに一気に投与するというものでした。

なかなか普通の人では耐えられない、続かないような厳しい治療だったらしいです。
(と言っても肺癌自体が30代でなるケース少ないからでは?と思うけど)
そんな治療。副作用の骨髄抑制による白血球数減少により危うく中断の危機も囁かれましたがww

無事乗り越えることができ、ノルマ4回を達成することができました〜〜〜!!
本当は6回くらい続けたかったんだけど、副作用のデメリットを考慮してお医者さんの見解からストップになりました。

みんな褒めて〜〜〜wwwわーいわーい
激しい戦争の結末は!!??? そんな4回の抗がん剤の初期治療。
「レジメン」と言われる薬の組み合わせは以下の4つでした。

1.オプジーボor偽薬(多分あたりのオプジーボ群)
2.パクリタキセル