「癌」という病気について〜はたらく細胞というアニメにはまってしまった〜

改めて。「癌」のBLOGを私が始めたきっかけについて

いつもBLOGを見てくださっている方、はじめて見たよって人、ありがとうございます!!

病気が発覚して早2ヶ月。治療も始まり、副作用も今のところ何かに特別困っているわけではなく今まで通りの生活(と言うか今まで以上に充実しつつあるのですがw)を送っていてとても今幸せです!!!

それで、BLOGすぐ立ち上げたけど、治療のこととか突っ走りすぎてBLOGの主旨とかはじめた理由とか書かないままだったなーwwと改めて思って振り返ることにしましたw
しかも、性格的に何かを立ち上げるのは結構早いんですけど、なかなか続けられたことが今まであまりないので、どうなるかわからないし、、、とも思っていました。w

そもそもBLOGを立ち上げた理由として、SNSで病気が発覚したこととかを発信していたところ(私の心の拠り所というか、家族や友達と離れていても繋がっていられるのは電話やメッセージやSNSなど携帯電話でした)すごいたくさんの人が心配してくれて。。。励ましてくれて。。。辛い告知や検査とかも乗り越えられました。

そしてあっという間に病気のことが周囲の人に伝わったわけなんですが、当初は詳しく一人一人に状況を説明することがなかなか難しくなってきたということが一番大きかったです。みんな忙しいだろうし、私もなかなかタイミングを合わせられないこともあるから、文章にすれば読みたい時に読んでもらえると思いました。大丈夫じゃないんだけど、「大丈夫!!」って伝えたかった。

あとは、やはりこの歳でも癌が発症してしまうことっていうのも普通にあるというか、身近な話なんだってことも一番伝えたかった。保険には1日も早く入った方がいいし、検査にもいますぐ行って欲しかったwwwまさか自分がこの歳で癌になるなんて全く思ってなかったからねwww

「BLOG読んだよ、こっちが元気もらった!」とかそんな嬉しいお言葉や(やだ泣いちゃうw)「検査行ったよ!!」「保険かけたよ!!」みたいなお声もいただいており、すごくすごく嬉しいです!!!!(鈴木奈々風)

BLOGを書いたりSNSとかで発信するうちに、自分の感情とも向き合えるんですよね。私も助けられています。「今のこの状況を生かそう!!」と言う謎の使命感(?)と言うかそこまで重くないけれど「この経験を通して、何かを伝え残したい」と言う気持ちもフツフツと湧いてきました。

これからも、治療や病気のことなど自分自身でもいっぱい調べてるし、リアルな闘病生活や癌についてなど有益な情報を楽しくおもしろく発信していければと思っています!
よろしくお願いいたします!!!
※ただし、あくまで一人の癌患者としての視点や意見、感想なので、専門性はないのでご承知おきくださいませ〜m(_ _)m

日本人は、2人に1人が一生のうちに癌にかかって、3人に1人ががんで死亡している?!

あらま、いきなり恐ろしいタイトル!!!ビビらせてしまってごめんなさい。これ、知っている人は知っている統計の話なんですけど、私は知らなかった。「身近なこわい病気なんだね」って改めて思った。芸能人の方とかもよくニュースになってるし、父方の祖父、母方の祖母も癌だった。でも治療したら治ったし祖母は90歳でまだ生きている。w
2人とも70歳超えてから癌になったし、やっぱ統計学的にも70歳以上で罹患率(病気になっちゃう確率)が高いのでまだまだ先の話やと思ってました。

でも、まさに癌告知された人や大切な人が癌になってしまったという人は、是非この数字を落ち着いて眺めて見てください。

「2人に1人は治るし、3人に2人は癌にならないor癌になったけど治って別の原因(寿命)で亡くなる可能性がある」

そう思いませんか?
「癌」という病気は確かにこわい。3分の1の人は死んじゃうかもしれないから。
でも視点を切り替えると「治る確率の方が高い」んじゃないかなーって私は思ってます。
癌は防げるし、治る病気でもあるんですよね。人間のイメージや情報の刷り込みってすごくて、癌をテーマにしたドラマや映画って亡くなってしまうことが多いと思うんです。
TVで芸能人の方が亡くなったもそうです。だから「癌=死」と直結してしまいやすいんだな、って思いました。死ぬのみんなこわいしね。

でも、いざという時は最悪を想定する気持ちはわかるし私も経験済みなんやけど、ただしく理解して自分の気持ちを整理したり大切な人をサポートしてあげられたらいいのかな?と思いました!!私もすごい「大丈夫!!」という言葉に助けられました。

事前にどういうものか知っているのと知らないのでは、いつくるかわからないその時の心構えがちがうなーと思ったので、これを機会に知ってもらえたらすごくすごく嬉しいです!!(鈴木奈々風)

久しぶりにどハマりしたアニメ「はたらく細胞」

普段から家でもよく見ているAmazon Prime VideoとHulu。
入院中ももちろんiPadで見てました。そこで気になっていたコンテンツがあったので一話から一気見wそれが「はたらく細胞」というアニメでした!

しかも、入院中にまさに「がん細胞」の回があたらしく追加されたんです!!
このアニメ、おもしろいしわかりやすいとお医者さんからも評判みたいです。
まさに「癌ってそもそもなんだっけ?」という人は見てほしいです。

個人的にAmazon Primeの方がAmazonでの買い物の時とかも色々特典もあるのでオススメです。(Huluもいいんだけどね)



「はたらく細胞」はコミックもあります。私も買おうかなー!!
難しい話とか漢字が苦手な人はこういうアニメとかの方がわかりやすいし楽しく知ること、学ぶことができていいですよね。とにかくオススメです!!


私的に、白血球のシュールさがツボです。w
今年のハロウィンはNK細胞(癌細胞を唯一攻撃できる免疫細胞)やろうかしらw

そもそも癌って何だっけ?それうまいのか〜?

そう。「癌」という病名だけを聞くことが多いんで何か知らない人も結構いるんじゃないかと私は思ったりしているwww結構本質ついていませんか?w

すごく簡単にまとめるとこんな感じかしら?

「人間の体を作っている健康な細胞の一部にエラーが起きてしまい、がん細胞に変化し悪性の腫瘍が体にできる」

忘れがちやけど「悪性腫瘍」、癌って悪い細胞のかたまりなんですよね。ひゃー気持ち悪い!!!
ちなみに腫瘍は「悪性新生物」ともいうらしく、すんっごいエイリアン感ありませんか?ww
本当にSFホラー映画の「エイリアン」は癌細胞からヒントをえて作られたのだとか。

特に肺がんとか沈黙の臓器系は、体の中にかたまり感が感じられないので(肺は痛みを感じにくい鈍感な臓器)自分でもよくわからないですwwでもレントゲンとかCTとかの画像には白いかたまりが写っています。
幸いまだそんなに大きくないので(大きいかたまりの人はゴルフボールくらいの大きさとか普通にある見たい。。。)その腫瘍が体の他の箇所を圧迫して苦しいとかはないです。
ただ、やはり咳とか胸痛は肺の中に腫瘍という名の普通はないものがいきなりできちゃって異物感があったり、癌細胞が肺の中で飛んでるから症状が出てるみたいです。
(腫瘍は自分の体の一部なので実は異物ではないんだけどねw)

 なぜ癌になると思いますか?

答えはね、、、、

「知るかボケ!!!!!」

なんです。w(すみません口悪www)
それくらいいろんな要因があるということです。
いろんな研究も進んでいるみたいだし、世の中の情報は確率論が全てなんですけど、
あまり深く追求したり考えすぎるのもよくないかもしれないです。

例えば私のかかっている肺腺癌という癌は非喫煙者に多い癌です。肺がん=喫煙者のイメージが高いですし、喫煙も少なからずは影響あると思うんですけど、やっぱり一概には言えないですし防げないこと(自己免疫や遺伝子など生まれ持っての体質)もあると思います。

ある一説によると、がん細胞が塊を作りだして、腫瘍の大きさ1センチになるまでに早くて5年、遅くて20年くらいかかるのだとか。。。!!!だから高齢になってから多くの人が罹患するんですね。
そう考えたら、若年層が癌になるってやはり遺伝子の変異が関わっていることが多いみたいですね。わたしもひょっとしたら10代の頃のやんちゃや20代のときの無茶な生活が原因かもしれないです。(お酒、タバコ、ストレス、環境、食生活など)
そこは今さら深く追求しても起きてしまったことは仕方ないので普段は考えないですが、人間の体は複雑で難しいなー。

ただ、多くのケースはどちらかというと生活習慣病の側面が確率論上は高いので、普通に健康に気を使っていればリスクは減ると思います。「健康に気を使う」というのは他の病気を防ぐことにもなるし、いいことですよね。これは癌がすでに発症している人も同じ。みんなで健康増進させようーーー!!!えいえいおーーーっっ!!!


コメント