肺の精密検査〜誰か助けて。造影CT〜

クララが立った!!!喀痰検査!!!

さて。前回を振り返ってみよう。
果たして、キラキラが出るのか出ないのか。。。
(「キラキラ」については、こちらの記事を読んでね★)
前回の検査の3日後に造影剤CTの検査予約を入れた。その時にキラキラを再提出するように言われた。
そして、ちゃんとキラキラが出るか仕方なかった前夜。朝起きる。いつも通り体が重い。

喉に違和感。急いで検査キットの蓋を開けてゲホゲホ気合いで呼び出すwww
そしてついに、、、

デターーーーーーーーーーー!!!!!

謎の達成感!!まさにクララが立ったあの日のような喜びでした。
本当にキラキラと透明に輝いてました。まさにキラキラw
そしてキラキラを大事に持って造影CTの検査に行くことに。

造影剤の副作用を恐れて

この日は造影剤を注射してCTを撮る検査。
「CTって何?」って人に説明しよう!台の上に寝っ転がって、両手をあげてドームみたいなところにウィーン!って体の中(主に内臓かな?)を撮影するのだ。
(※撮影する時に、息をちゃんと止めないと画像がブレるらしく、私は初めのCTの時にブレて再撮影になってましたwww)

↑こーゆーやつ。

そして、造影剤CTは入る機械は一緒なんだけど「ヨード系造影剤」という薬を注射しながら機械に入ります。で、検査の6時間前?だったけな。はご飯食べちゃダメ。私は15時〜だったから昼食べられなかった。朝一に予約するとちょうどいいよね。

で、この造影剤って超稀な確率(40万人に1人)で死亡するという恐怖の副作用がありますwまた、他の薬でもあるけれど2.5万人に1人は重い副作用がある、とのことでかなりビビってましたww何しか病院嫌いだった私がそんな死ぬかもみたいな薬剤打ったらほんまに死ぬんちゃうかーと思ってしまった。造影剤は、尿と一緒に放出されるので水をいっぱい飲むと良いと聞いていたので朝から水がぶ飲みw

が、もう後には引けない。この時は「癌じゃない」と思いたかったので、ちゃんと証明するため!みたいな感じで気合いを入れていざ病院へ。ギリギリまでPC開いて仕事に集中して気を紛らわす。

初の造影CTの感想は変なドラッグやった気分

検査室前で待機。名前が呼ばれる。前回何もなしのCTは撮影していたので一緒の環境だった。検査台の上に寝転がる。医師から説明を受ける。

「薬が体に入ると熱くなります。しばらくたつと引いてきます。薬が体の中を行き渡るまでしばらく2〜3分ほど待機してもらいます、その間じっとしていてください」

じっとしている。。。そう。検査中って動けないんです。私結構体勢すぐ変えたがるからこれが結構大変なんだけど、集中したら意外といけるもんなんです。

そして、注射を打たれる。注射って聞いてたから普通にしたらいつも通り止血して検査やと思ってたら、何と!針だけ先に刺して薬を入れるポンプをつけたまま入るんですねww
そして、撮影のタイミングになったら薬を注入するんですね。
腕をいつもの通り上にあげて、台が動いてドームの中へ。

「はい、薬入りまーす。」

と言われ、薬が針を通して私の体の中に。。。
体が熱くなった。。。

「うわ、、、何これ、、、、」

すごい変な感じ。なんか熱すぎて漏らしてるような気もしたり身体中に汗をすごくかいているような気がしたり。。。(全部幻覚)変なドラッグやってる感じのような気がした。てゆーかドラッグだなww

「大丈夫ですかー?」
「はい。。。。」

そして、しばらくしたら何と。体が冷えてきた。その瞬間に私の頭の中によぎったコトバ。

「誰か、、、誰か、、、私の手を握って、、、1人にしないで」

熱がなくなって冷めていくのって死ぬときの感覚なのかもしれない、と思ってしまった。
涙が出そうだった。

すると看護師さんが「頭の位置をチェックします」と言って近づいてきた。
顔を触って状態を確認してくれたようだ。その感覚が、優しさがびっくりするくらい心に沁み渡るのを感じた。
何やこのドラッグ危なすぎるwww

検査は無事終了。果たして副作用は!?

その後、息を止めて〜で撮影を数回して無事終了。

で、私デニムをはいて行ってしまったため、腰下まで下げて撮影していたのだけど、注射を抜くのは隣の処置室とのコトwwタオルをかけてくれたけど、おパン2丸見えの脱ぎかけみたいな格好で、看護師さんに支えられながら腕にポンプ付きの注射ぶら下げて検査室を
後にwww男の先生もおったしめちゃ恥ずかしかった。何よりも勝負下着ではなく、しょーもないパンツを履いてきてしまったことを一番後悔した。(色と柄は想像にお任せします)

そして無事針を抜いて止血。速攻水がぶ飲みで検査室を後に。
500mlのペットボトル、2本がぶ飲み。w

そして、その後六本木でアポを入れてしまっていたため打ち合わせ。
異常なし。普通にいつも通りプレゼンw水がぶ飲み。
帰宅。水がぶ飲み。なんか大丈夫そう。と思って寝て起きて次の日。

結果本当に何もなかったです。ww
多分水がぶ飲みがポイントだと思います!
かなり不思議な体験をしたけれど、乗り越えられたので次のPET検査も大丈夫だろー!と自信がついた。

続く。

コメント