子宮頸がんの検査結果(組織検査)〜ポイントは変顔です〜

精密検査処女

不安で不安でしかも病院嫌いのこの私が、2018年5月に精密検査を初めて受けることになりました。赤飯炊こか。w
32歳。後厄のはずなのに。最後の最後でこんなことになるなんて!

紹介された病院での初診。
紹介状を差し出して産婦人科へ。
呼ばれるのを待つ。

初診は、問診と一応子宮体癌(あかちゃんが育つ子宮の中に癌がないか)も検査した方が良いので子宮内膜(そのままだけど子宮の中の膜)も検査しましょうとのこと。
そして来週、コルポ診(組織検査)という子宮頸部の組織をつまみ取る検査の説明を受け予約をしました。

子宮内膜の検査。診療台へ。この瞬間いつも屈辱的で緊張する。
そしてなんと!!!キューっっと無理に開かれる系www涙出たね。w
出産経験ないから、子宮口(あかちゃんでてくるとこ)が狭くて痛い痛い痛い。。。
そしてあげくの果てに先生。

「うーん、ちょっと狭くてうまくとれなかった・・・」

頼むよ!!!!おいーーーーーー!!!泣
この人に本当にみてもらっていいのか?!とまた不安w
それにしても赤ちゃん産んだことある人は本当にすごいなぁ!!!
痛すぎた。w

子宮頸がんのコルポ診(組織検査)

それから後日。前回の内膜の検査から、本当にこの病院でいいのか?!と思いながらもうやり切るしかないと腹をくくり、いざ組織検査へ!!
何もないこと、何かの間違いをはやく証明したいし頑張る!!私やればできる!!と独りで口に出して家から病院へ。

おばけなんてな〜いさ〜♪みたいな曲あると思うけど、検査なんてこわくな〜いさ〜♪みたいな曲口ずさんでみたりww

検査前に先生から朗報。前のクリニックの細胞診断で出たCLASSⅢ/AGC(腺細胞異形、腺癌の疑い)の結果について、別の先生が細胞のプレパラート(前の婦人科から引き継いでもらったみたい)をもう一回調べたら、CLASSⅢb/H-SIL(扁平上皮系の中度〜高度異形成)、子宮頸部の表面に癌になりかけてる細胞があるかもね?みたいな診断だったそうだ!
とりあえず怖い怖い腺癌で子宮全摘出とかやばいことにはいきなりならなさそうで安心した!!(ただし、のちにこれが現在の状況の前触れだったことに気づくのですが・・・)

そして、ドキドキのコルポ診(組織検査)は、子宮頸部(けいぶ)に酢酸(お酢)をかけて変色がないか見て怪しいところの組織(要は内臓のかけら)を3箇所ほど器具でつまみ取る検査だ。
痛いとか苦手な人も多いと聞く検査。あれだけ怖がってた私が全然痛くなかったので、以下参考にしてみてねーーーー♪

1.「あのー、、、検査とか注射で気を失ったりしたことがあるのです一応お伝えしておきます」と前もって伝える。先生ちょっと優しくなる。

2.お気に入りのタオル(家の匂いとか柔軟剤とか落ち着くので)を片手にくんくん嗅ぎながら口はホゲーっと開きっぱなし。ゆっくり深呼吸。。。カーテンの向こうで誰もみてないので変顔してみる












術後は、医療用タンポンを入れて数時間後に抜きます。
性交渉や激しい運動は1週間最低控えるよう言われました。
ちなみに私は6日めで「大丈夫っしょ!!」と決まりをやぶってしまい、その後お腹が少し痛くなりましたwwww先生のいうことはちゃんと守りましょう。

コルポ診(組織検査)の結果

ついに検査結果の日。これは5月末だった。絶対大丈夫、大丈夫。。。と思いながら何が辛いって検査結果が一番つらいんよね。受験の合格発表みたいな感じ。病室へ呼ばれる。

先生:「組織検査の結果でました。CIN1(軽度異形成上皮)でした。癌になるかもね?みたいな細胞がちょっとだけあったので、経過観察です。20代のうちは子宮頸がんの原因になるHPV(ヒトピロパウィルス ※性交渉したら絶対誰もがうつるウィルス)が自然消滅するんだけど、30代越えるとそのまま進行しちゃう可能性もあるので。次は9月にきてください。また検査しましょう。」

よかった!!!まだ癌じゃなかったんだ!!!
この時の生きる歓びや子宮を守れて嬉しくてたまらなかった。ちゃんとしたら大丈夫だ〜♪

この時はひとまず安心できたし、将来の夢や目標を叶えられると思ってた。

でもね、この時でも咳はとまっていなかったんだよ。
咳なんかより子宮頸がんのことで頭がいっぱいだった。



コメント