やっと呼吸器内科へ〜謎のクチバシマスク軍団と別室隔離〜

2か月も咳が止まらない

4月中旬から咳が6月に入っても続いていた。良くなるどころかゼイゼイ、気管がカラカラ、えずく程の咳を毎日していた。さすがに「これは何かおかしい。。。」と思い始めた矢先、オフィスで上司に「ちょっとその咳怖くない?病院行ってきなよ。前のこともあるし」と言われた。
そう、子宮を守るために必死すぎて咳のことなんてほったらかしていた。そして相変わらず仕事に遊びに専念して放置していた。

呼吸器内科でまさかの別室?

まぁ、なんちゃら肺炎か気管支喘息か。薬もらったら治るっしょ!出た。我ながら能天気炸裂。そんなノリで別に深く考えずに家から一番近い呼吸器内科クリニックへ。
先生がレントゲン撮りましょうと。
レントゲン撮り終わったら看護師さんがアタフタして謎の見たこともない鳥のクチバシみたいなマスクして私の元へ。どうしたんや、放射能でもメルトダウンしたんか!?みたいなw

看護師さん:「ちょっと、怪しいかも?みたいなものが写ってしまっていましたので、申し訳ないですがこのマスクをつけてもらえますか?汗汗汗」

は!?

かなり驚いて一気に不安に。なんだよなんだよ。。。。次は何?!
そして病室に呼ばれてレントゲン結果を先生に見せられる。先生までも謎のクチバシ。

先生:「左の肺に水が溜まっています。そして、白い小さな塊が肺の中にあります。結核かもしれないのですぐに明日にでも紹介状を書くので大きい病院へ精密検査に行ってもらえますか?」

!?

意味がわからん!!!肺に水ってなんや?!結核!?あ、うつるからこのマスクか!!!
もう独りでパニックです。病室を後にしたら、会計まで待合室でなく別室に移動させられましたww私はよく海外の入国審査でも別室に連れて行かれることがあったので、

「入国審査でも病院でも別室かよ!!!!」

と、独りでツッこんでしまいましたww
そして翌日精密検査に行くことになりました。
先日精密検査したばかりなのに。泣。
トホホ。

コメント