肺の精密検査〜その1恐怖のキラキラ〜

不安で寝れない

結核の疑いが診断され、家に帰ってとりあえず大好きGoogle先生に質問ぜめww

「肺に水がたまる」「白いかたまり」「咳」「胸痛」

なんや、ネガティブな情報ばかり。
さらに落ち込むが、「大丈夫!きっとなんかの間違い!」と思って寝ようとした。
でもこの時ばかりは全然不安でねれませんでした。

ミッション1:痰(たん)を出せ。


※いきなり汚いレディらしくないサブタイトルで申し訳ございません。
以下イメージ維持のため、「痰=キラキラ」にします。ご了承くださいw

お見舞いか怪我で運ばれたときくらいしか来たことないよ、総合病院。
あ、でもそういえばその前に子宮頸がんの検査でも来ていたなwとか思いながら家から徒歩5分の総合病院へ。

着いたらまた看護師さんが速攻迎えに来てまたまた別室に隔離。ww
刑務所移った気分ですねw
色々説明されて体温、血圧、酸素量など計られる。
どうやらここはウィルス系や感染症の病気の人を隔離しておく部屋のようだ。。。
かなり厳重に管理されてた。そして、キラキラ検査キットを渡された。

「キラキラを調べたいので頑張って出してもらえますか!?ちょっとでも良いので。。。」

え。そんないきなり出ねーよwwww寝起きくらいしかキラキラ出ねーよwww

でも要はキラキラが出て結核じゃないことが証明されない限りは私はここに隔離生活。
意外と集中と無理矢理感で気合いで1時間くらいかけて出して提出w
で、また待つ。30分〜60分くらい待ったかな?スマホで仕事してた。
(我ながらスマホできる仕事とポジションでよかったとすら思えたw文明の力に感謝)

看護師さんが部屋へ。
「すぐに感染する結核や感染症ではないのでこのまま先生から説明させていただきます〜」

というわけで釈放です。
短い留置期間でした。ww

ミッション2:CT検査と血液検査と検尿

呼吸器内科へ案内される。待ち時間おおいしただでさえ面倒。はやく用事終わらせて帰りたいんやー。

名前呼ばれて先生と初対面。

わ、若い。なんか声優さんとかコスプレイヤーやってそうなナチュラルなタイプ。私と似た歳か年下っぽい気もする女医さん。「先生の方がか弱そうだけど大丈夫か?!」と思ってしまったドギツイ関西人イケイケの私。

先生から一通り説明を受ける。

・最初に行ったクリニックのX線画像で水(胸水)がたまっていて、白いぽつぽつが複数写っている
・クリニックの先生は結核と疑った
・さっき行なったキラキラの検査ではすぐに感染するような結核や強い病原体は発見されなかった
・結核以外も可能性があるのでCT検査と血液検査、検尿を受けてきてください。
・とはいっても、結核の可能性もまだあるのでキラキラをもっと詳しく調べたいからもう一度キラキラを出して欲しい。(できれば今日中)

私:キラキラもう今日は売り切れですー!!!!www泣。

と思いながらCT検査、採血、検尿。
CT検査は初だったけどなんの抵抗もなく終了。
検尿もタイミングバッチリで提出。
注射は本当に勘弁だったけど、ここまで来たらがんばるしかない。。。
優しい看護師さんで全然痛くなかったけど、「採血ってこんな長かったっけ?」と思うくらい長くて、これがあとで知ったんだけど3本分?くらい採ってたみたいww
われながら頑張ったのだー!!

怪しい雲行き

CT画像が終わったらまた先生と面談。
なんか初めてあった人だからどんなお医者さんなのかわからないし無表情だけど、目に見えない謎のなんかいやーな雰囲気を感じてしまった。

CT画像を見せて説明される。
まぁまとめると「普通の健全な人では映らないものが写ってるよ」と。
それがなんなのか?を調べる必要があります、と言われた。

私は白黒すぐにはっきりつけたがるし、全く現実を恐れないある意味恐ろしい女だ。
私から先に口を開いた。

「癌の可能性もあるのでしょうか?」

子宮頸がんからの流れで嫌な予感しかしなかった。
今思えばこのとき先生の中では2択くらいしかなかったのかもしれない。
が、どのような結果であれその「何か」をより早く調べる必要があるようだ。
すると先生は以下の検査を提案してくれた。

・より詳しく肺の中の動きを見る⇒造影剤のCT検査
・癌細胞が体のどこかにいるかを調べる⇒PET検査
・キラキラをもっと詳しく調べた方が良い⇒キラキラの再提出

検査の注意点を聞いて同意書にもサインする。造影剤やPET検査の副作用。どんなけ放射線やねんてくらい放射線ゾンビになりそう!!!と思いながら受け入れる。受け入れるかエスケープするか。。。
てか逆に何もないことを早く証明しなきゃ!!なんかあったとしても治さなきゃ!!
そのための検査。とそっちに脳が傾く。それよりも一番の課題。

いやー、キラキラでるかなー汗。

と思いながら家路に着きました。
病院しか行かなかった1日なんて人生で初めてだったな。。。


コメント