すべてのはじまり

癌の原因は?

私は2018年7月現在、癌という病気にかかっている。

なぜこうなったんだろう?もう少し前にわかれば。。。?
とか最初は色々考えたけど、癌になるような思い当たる節がない。

どちらかというと自炊をできるだけして野菜もよく食べるよう意識した食生活だったし、
両親も癌では今のところない。(ただし父方の祖父、母方の祖母は癌歴ありだけど隔世遺伝?)
ストレスもあったとは思うけどどちらかというと気持ちの切り替えは早い瞬間湯沸かし器タイプ。
タバコも約3年前にやめたし、もともと吸ってたけど途中で一時的にやめたり、1日最大10本、1本も吸わない日もあったくらい。
お酒は正直無茶してたかもしれないけれど、家では全くといっていいほど飲まない。
週末や平日最大2〜3日は結構飲んでいたけど胃腸壊したこともない。
20代、夢を追いかけて激務で無茶な生活は確かに送っていたかもしれない。
が、インフルエンザにもノロウィルスにも大きな風邪にもかかったことがない。w

こうやって書き連ねると、蓄積されていたのかな?とも思えてくるんですが、圧倒的に私の中での一番の原因は明確でした。

「病院が嫌い。注射が嫌い。」

注射について

実は小学生の時から風邪をこじらせて気管支炎に何回もなっていました。
呼吸器が弱い子供だったんだな、と思い返しました。
そして、予防接種・採血の時に何回もパニック、脳貧血、ひどい時は失神を起こすほど注射が苦手でした。ピアスを開けた時も3回とも貧血。
一番ひどかったのが、採血で失神を起こした高校2年生の時。採血後、気がつくとベッドの上で目の前がグルグル回ってパニックを起こして暴れてしまいなんと最後に失禁して号泣。。。ww
それから注射がトラウマになり血液検査も予防摂取もほぼ受けなくなってしまった。親もそんな状況で「この子注射で死ぬんじゃないか」と思い、無理に病院に行くことをすすめなかった。また、20代の時も婦人科の検査の際にも器具を体の中に入れることに恐怖心を感じてやはり脳貧血になって顔真っ青になったり。wすごいチキンでした。

血管迷走神経反射、脳貧血

注射で気分が悪くなったり失神してしまうのは血管迷走神経反射というらしい。
また、病院以外でも何らかの原因で突然クラブや人混みの中で目の前がクラクラして気分が悪くなってしまったりすることも何度かあった。これは脳に血が行き渡らず貧血を起こしている脳貧血というもののようだ。

20代を振り返る

そんなわけで、「病気なんて自然治癒や自己管理で防げるし!!」と20代、かなりあまーく病院が嫌いで頼らず生きてきました。実際になんとかなってきたけど体力と気力があったんだよね。多分。でもね、それって能天気のおバカさん。30代になって、厄年がきて、「将来のことも考えて医療保険もそろそろ入っておかないとな〜」と、先輩に紹介を受けて申し込みの話を進めていた矢先に癌と診断されてしまいました。
20代のうちにやっておくべきこと、それはただ2つです。

1.医療保険に入る
2.検査を受ける




コメント