入院3日目〜涙のお別れ。ドレーンパックの巻〜

バッドモーニング

激痛、座薬、ずっと何するのもドレーン付けっ放しで動けない1日だったためか、悪夢で目覚めた。車を運転していて、安全運転をしているつもりだったのに、車にぶつかってこられそうになり、それをかわして危機一髪で高速道路にのったところで横から車につっこまれて結局事故にあうという夢だった。ぶつかって生きていて車から降りようとしたところで目がパチッ!!!と覚めた。もともとよく夢をみる方だったりデジャブとかもよくある方なんだけど、この環境の変化が夢に顕著に表れていた。w

自分が進みたい方向に進んで行って危険を自分でも回避しているのに避けて通れないことも起きている。まさに今の状況やん。。。

今までこんなに不自由を感じたことってなかったなーと思った。病気になった今でもたくさんの人が心配してくれて応援してくれて助けてくれて・・・幸せな人生だよほんとに。
日々そんなことを噛み締めて生きてる今、すべての人、この世に感謝しかない!!

縫合処置はなんだかくまのプーさん気分

朝ごはん前に痛くなる前に薬を飲んだ。結構ましにはなっていてホッとした。
ご飯後、しばらく二度寝していると先生が来た。11時半くらいにいよいよ2日間体の一部になっていた管、ドレーンパックを抜去するとのこと!ドキドキ。やっと外せるし風呂入れると思うと楽しみで仕方なかった。
PC開いてなんやかんやしているうちにあっというまに11時半。先生と看護師さんがやってきた。

先生:「1針だけ縫うかもしれないんだけど、麻酔する?」
私:「え!!!(マジ?!縫うの!?w)お願いしますw」
先生:「でも麻酔も1針さすからチクっとするし、1針縫うのもチクっとするの1回で変わらないけれど・・・どうする?」
私:「・・・。わかりました、なしで大丈夫です。(我ながらほんとに力強くなったw)」

ということで横向きになりテープをビリビリ外される。消毒液で周りをふく。いよいよ。。。

私「イデデデデ・・・・泣」

なんか引っ張られてまさに抜けた!!ってかんじがしたwwなぞのすっきり感。
そして先生が看護師さんに消毒液と針と糸をと言っている。ドキドキ。では縫います。
とのことで縫うっていうと3歳の時にデコを3針縫った依頼で感覚をなんとなく思い出した。本当に裁縫で縫ってる感じやったw皮膚をグッと引っ張られる。くまのプーさんのおしりの縫い目を直すシーンを思い出したww(私こんな小ネタが好きなんだけどわかる人はわかってくれるかな?wググってみて欲しいw)

もう内心は、早く終わってくれーーーー。。。と本当に思っていた。無事縫合完了。私はしばらく動けずにいたけど先生はそそくさと退出。

看護師さん:「やっととれましたねww」
私:「はいwかなりうっとおしかったけど2日も一緒やったら少し寂しくも感じますねw」

ちょっと愛着湧いた。涙のお別れだ。痛かったしw
とのことで明日から風呂に入っていいとのこと。体は暖かいタオルで毎日拭いていたけれど、もう本当に頭洗いたくて仕方ない。エセラスタファーライ!!的なモサっとヘアーだった。ww

やっぱり自由が一番

昨日の激痛が嘘のように治り、自由に動けることのありがたさをひしひし感じた。
下の売店まで行けた!!食堂でPCできる!!トイレもなんて楽なんだ!!
最高だった。明日のシャワーはきっと恵の雨状態なんだろうとワクワク★
で、夕方に高校時代からの親友がお見舞いにきてくれた。雑誌を3冊も持ってきてくれた!
病院でTVは見ない私。SNS、ネットサーフィン、Kindleで読書、Netflix、Amazon Prime。。。数々のイマドキのネットコンテンツを駆使しても飽きるwwさすがに飽きまくっていた!!

また雑誌のチョイスが神で、女性自身・anana・VOUGUE。ww
私が一番先に手にとったのは女性自身でしたwこんなときじゃないと絶対読まないw
そんな感じでドレーン抜去から数時間ですっかりいつも通りのペースに戻れましたとさ。w

コメント